※当サイトはプロモーションを含みます。

ソファダイニングで後悔しないために:スペースに最適なダイニングセットの選び方

スペースに最適なソファダイニングを後悔無く選ぼう

おしゃれで快適なダイニングを作りたいと思ってこの「ソファダイニング」を検索した方へ。

昔からあるダイニングテーブルではなくソファダイニングを選んだことを後悔している人も、単にダイニングエリアを究極に満足できる空間に変えたいと思っている人も、この記事を読めば後悔の無いソファダイニングが手に入ります。

主婦インテリアコーディネーターのかりてりあです。機能的でおしゃれなダイニングスペースを作れたら良いですよね。そんなときスペースを有効に使えるソファダイニングというレイアウトがおすすめです。

かりてりあ

ソファダイニングとは

「ソファに座って、ダイニングテーブルを利用する」という様式

ソファダイニングで快適なダイニング空間を

限られたスペースでダイニングを作ろうと思った時、ソファダイニングという方法があります。リビングの様にくつろげて長い時間作業しても疲れないダイニングスペース「ソファダイニング」に、人気が集まっています。

ただし、ダイニング空間にリビングのソファを置くだけではテーブルの高さが合わず、後悔することに。

後悔しないソファダイニング空間を造るためには、ソファダイニングのデメリットを知って後悔の無い家具選びが必要です。

この記事では、あなたのダイニングスペースに最適なソファダイニングセットを選ぶ秘訣をご紹介します。サイズやレイアウトの検討から、適切な素材やデザインの選択まで。ソファダイニングに合った選び方を提案します。

ではさっそく、究極のダイニングスペース「ソファダイニング」を作る方法をご紹介します。

ソファダイニングのデメリットとメリットを知ろう

まず初めに、ソファダイニングのデメリットとメリットを見て行きましょう。後悔ポイントを知れば、後悔の無いソファダイニングに一歩近づけます。

まずはデメリットから。

ソファーダイニングのデメリット

  • 座面が硬くて奥行きが浅いため、ソファに比べてリラックス度は劣る
  • 食事の食べやすさやは、普通のチェアダイニングには勝てない
  • チェアよりスペースを取る
  • テーブルの下に入りきらずにかさばる
  • 重たいのでレイアウト替えがしにくい
  • ソファの張地によっては手入れがしづらい
  • ソファ脚が短いと掃除がしずらい
  • 片側からしか出入りが出来ないため、人の出入りがしづらい
  • ソファは後ろに動かしづらいため、立ち座りがしづらい
  • テーブルとの距離が遠いと食事がしづらい場合がある

ソファダイニングは、快適さとリラックス感をもたらす一方で、チェアタイプのダイニングテーブルに比べていくつかのデメリットもあります。

まず、ソファダイニングではテーブルの高さが低く、座りながらの食事が不便になることがあります。また、ソファに座ったままでは、正しい姿勢で食事をすることが難しく、背中や首に負担がかかることもあります。

さらに、ソファダイニングでは食べ物や飲み物のこぼれやすさも考慮しなければなりません。これらのデメリットを解消するためには、適切なダイニングセットの選択が必要です。

ソファダイニングのメリット

  • リビングのスペースを空けられる
  • 長く座っていられるので、食事後そのまま団らんできる
  • 食事以外の時間もくつろぎスペースになる
  • 長時間の作業でも疲れにくい
  • リモートワークのスペースとして最適
  • 人数が増えても座れる
  • 高さが低いのでお年寄りや小さなお子さんも座りやすい
  • 全体的に低めなのでお部屋が広く見える
  • カフェ風のおしゃれさを演出できる

ソファダイニングは限られたスペースを有効に使えて、団らんの空間を多くの家族で共有できるスペースになります。リビングのソファは一人が寝転がってしまうと他の人は使えませんが、ソファダイニングならそれぞれがダイニング空間でくつろげるスペースになります。

長時間座っても疲れにくいため趣味やリモートワーク向きですし、席に区切りが無いため人数が多少増えても座れたりします。

全体的に低めなためお部屋が広く見えるたり、お年寄りや小さなお子さんに使いやすかったりする点もメリットですね。

しかし適切なソファダイニングを手に入れるためには、ソファダイニングに合ったテーブルやソファを選ぶことが重要です。

では早速「ソファダイニング向きのソファとテーブルの特徴」をご紹介します。

ソファダイニングのソファとテーブルの特徴

ソファダイニングは、一般的なリビング用ソファに比べると座る座面は高めになり、ダイニングテーブルは低めになります。

具体的な特徴をそれぞれ詳しく解説します。

ダイニングソファの特徴

  • クッションが硬い
  • 奥行きが浅い
  • 背もたれが低めで垂直に近い
  • 通常のソファより座面が高い

ソファダイニング用のソファは、普通のソファに比べて座面(座る部分)の「クッション性が硬い」「奥行きが浅い」「背もたれが低めで垂直に近い」ことが特徴です。

これはソファに座ったままダイニングテーブル上で、食事やいろいろな作業をしやすくするためです。また通常のソファより座面の高さは高めになります。

ソファダイニングテーブルの特徴

  • 普通より低め:68cm以下(~60cm)

ソファダイニング用のテーブルは、普通のダイニングテーブルに比べて天板の高さが低いのが特徴です。通常だと70~72cmのダイニングテーブルですが、ソファダイニング用テーブルは68cm以下となり、~60cmのもまであります。

ソファダイニング用のテーブルを選んだり、高さ調整が出来るテーブルを選ぶと後悔が無いでしょう。


これらの特徴を踏まえて、ダイニングテーブルとダイニングソファを選ぶことで、後悔の無いソファダイニングを実現することが出来ます。

ではいよいよソファダイニングの選び方を紹介します。

ソファダイニングの選び方

ソファダイニングで後悔しないために、ソファダイニングを選ぶポイントを紹介します。

  • ソファダインイングセットで選べば後悔無し
  • 部屋のスペースや生活スタイル・出入口を確保して選ぶ
  • テーブルとソファの座面の差:差尺が大事(25~30cm)
  • ソファの座面は堅めのものを選ぶ
  • 昇降式のダイニングテーブルを使用する
  • テーブル脚が真ん中に一本や二本のものを選ぶ
  • お手入れしやすい素材を選ぶ

ソファダインイングセットで選ぶ

ソファダイニングをセットで買えば、それぞれの高さの確認をすることなくちょうど良い高さバランスになるので間違いないですね。

部屋のスペースや生活スタイル・出入口を確保して選ぶ

またソファは大きいものなので、めったにレイアウト替えが出来ません。生活スタイルを考えて邪魔にならない置き場所や大きさを選びましょう。

特にL型のソファを買う時は、出入り口が決まってしまうので、その場所を確保したり周りの生活動線の邪魔をしないか入念にチェックしましょう。

テーブルとソファの座面の差:差尺が大事(25~30cm)

ソファとテーブルをバラバラに買う時は、ソファはダイニング用のソファを。テーブルとの差(差尺)は25~30cm以内にしましょう。

ソファの座面は堅めのものを選ぶ

特に座面が柔らかいと沈み込んで低くなってしまうので、沈み込まない固めのものを選ぶことも大事です。

昇降式のダイニングテーブルを使用する

テーブルは高さ調節のできる「昇降式」や「リフティング式」のものを選ぶなどすると失敗が少ないでしょう。高さバランスに気を付けましょう。

テーブル脚が真ん中に一本や二本のものを選ぶ

テーブルの脚が真ん中に1本や、左右にそれぞれ1本(合計2本)のものを選ぶと、出入りのときに邪魔になりません。

お手入れしやすい素材を選ぶ

また、食事をとるスペースなので、ソファの張り地にはお手入れしやすい素材(合皮など)や外して洗えるファブリック素材を選ぶと負担が少ないですね。

MEMO
ソファとテーブルの差尺:25~30cm(座面が固めのもの)

これらに気を付けて選ぶことで、後悔の無いソファダイニングが実現することと思います。

限られたスペースで、おしゃれでくつろげるスペースを叶えようと思う時、ぜひソファダイニングという選択肢も検討してみましょう。

おすすめのソファダイニングセット・人気♪レビュー評価★4以上

では特に口コミの良いお手頃価格のソファダイニングセットをご紹介しますね。

◆コーナーソファとチェア・テーブルの5点セット
レビュー評価 4

◆組み立て~設置まで【送料無料!】ソファダイニング3点セットnora
レビュー評価 5

◆お掃除しやすいスチール脚 ソファダイニング3点セットmild
レビュー評価 5

◆ヴィンテージ風デザインとコーデユロイの生地がおしゃれ 大人インテリアに 3点セット
レビュー評価 4.5


◆ナチュラルな天然木に癒される ソファ・チェア・テーブルの5点セット

◆インテリアショップを見てみる

ソファダイニングをセット買いせずに使う

そうは言っても、すでにテーブルとソファの高さが合わずに後悔している人も居るかもしれません。

またはどちらか一方に合わせて、ソファだけ、テーブルだけ買いたい方もいるかもしれません。

そんな方におすすめのソファとテーブルを紹介します。

おすすめのソファダイニング用ソファ

一般的にダイニングソファは普通のダイニングチェアより低めのものが多いですが、普通のダイニングテーブルの高さ(70cm)に合わせられるダイニングソファもあります。

70cmのダイニングテーブルにも合わせやすいダイニングソファを紹介します。

コンパクトなダイニングソファ
レビュー評価 4
座面高44cm(70cm高さのテーブルにちょうど良い♪)撥水加工あり


レイアウト自在な2点セット
レビュー評価 4
座面高45cm・70cmテーブルにちょうど良い♪ 6層構造で座り心地◎・丈夫なPUレザー

おすすめのソファダイニング用テーブル

ソファダイニング用には、テーブルを60~68cmと椅子の高さに合わせて低めに選ぶ必要がありますが。座面の沈み込みが心配だったり、作業の内容によっては高さを調節したい場合もあるでしょう。

そんな時に昇降テーブルがおすすめです。

◆無段階昇降テーブル 120×75(ナチュラル)高さ自在
レビュー評価 4


◆ガス式昇降テーブル 120×88(ダークブラウン)水濡れOK
レビュー評価 4

ソファダイニングの問題点はどっちつかずになりやすい

ソファダイニングはリビングなのかダイニングダなのか?

ソファダイニングのソファはお食事をしやすいように出来ているため、くつろぐスペースのリビング用ソファよりはくつろぎ感が劣り、食べにくかったりとどっちつかずになりやすい点も。

ソファダイニングはどっちつかずになってしまうこともある!

それでも家族全員が長くくつろいだり作業が出来る空間があったら、嬉しいですよね。そのメリットを重要と考えるなら、ソファダイニングはおススメです。

それでも「使ってみたらやっぱり中途半端だった」「大きすぎて動線の邪魔になってしまった」なんてことになったらショックですよね・・・。

そんな時は、自宅で一定の期間だけ試して使ってみることをおすすめします。

後悔したくない人はレンタルサブスクで試してみる

家具のレンタルサブスクCLASでソファダイニングを試そう

高い家具を頑張って買ったのに「置いてみたらお店で見るより大きかった」「部屋に置いたらイメージと違った。」「実際に使ってみたら使いにくかった」なんてことにならないために。

オススメなのは家具や家電のレンタルサブスク。高い家具を買ってしまってから後悔したくない人は、家具のレンタルサブスクを利用することで、実際に生活の中で使って試すことが出来ます。

おすすめのレンタルサブスクは、家具と家電のレンタル_Subsclife。

レンタルサブスクSubsclifeとは

レンタルサブスクで家具を借りて使ってみる

subsclifeは家具と家電を気軽にレンタルできるサイト。

subsclife3つのオススメポイント

おススメポイント3つを紹介。

  • 毎月500円~利用できる
  • こだわりのデザイン家具を選べる
  • 3カ月・6カ月.12カ月の中から選べる

期間終了後には3つの選択肢から

subsclifeを数か月利用してみた後は3つの選択肢があります。

  • 終了し返却⇨引き取りに来てもらう
  • 気に入ったら買取できる
  • 期間を延長する
スマホでカンタン返品・交換のCLAS

もしもソファダイニングで失敗したくない!使いご事を試してみたい!と思っていたら、一度試してみくださいね。

人気家具のサブスク【subsclife(サブスクライフ)】

ソファダイニングで家族みんなが快適に過ごせるダイニングを

ソファダイニングはリビングとダイニングを一つにまとめることで、スペースを有効活用。小さなお子さんが遊ぶスペースが出来たりします。

ただしソファが柔らかすぎたりテーブルとの高さが合わないと、食事や作業が難しくなってしまうので、選ぶときには注意が必要です。

失敗したくない方はレンタルサブスクを利用してみる方法もあります。

ぜひあなたに合ったソファダイニングを後悔無く選んで、家族みんなが快適に過ごせるおしゃれなダイニングスペースを手に入れてくださいね。

amazonプライムで好きな映画を見放題☆

Audible会員は定額で 12万以上の対象作品が聴き放題

\本が何冊でも聞き放題!お散歩のお供に…/

◆WEBスタート限定キャンペーン中!J:comモバイルでスマホも電気もまとめておトクに! J:COM 電力