※当サイトはプロモーションを含みます。

【パナソニックのドラム式NA-LX129A】を使ってみた体験談!乾燥1回24円だから毎日使える!

以前から気にはなっていたパナソニックの「ドラム式洗濯乾燥機」。

高そうだったので以前は全く検討すらしていませんでした。

しかしいざ洗濯乾燥機を買うことになり広告を見てみると、以前よりも安くなっているではないですか!

「ん?もしや今、買い時かも?」

電気屋さんに行ってみると、電気屋さんもパナをイチオシ!

結局、王道のパナソニックを買いました。

すると期待通りの洗い上りと服のふっくら感に加え、洗剤自動投入の便利さ

「何これ、神!!」というのが正直な感想です。

やっぱりドラム式洗濯機はパナソニックという洗濯。(👈✖選択〇)

こんにちは。主婦インテリアコーディネーターのかりてりあです。
この記事では、パナソニックの全自動洗濯機を使ってみたリアルな体験談をレポします。「目からウロコ」!の体験ばかりなので、高くて買おうか迷っている人は、是非参考にしてくださいね!正直、「自動投入」はすごく便利です!


  かりてりあ

\気になる箇所だけ読む♪/

目次

購入の決め手となったパナ・ドラム式乾燥機の3つのメリット

購入の決め手となったパナ・ドラム式乾燥機の3つのメリット

パナソニックの洗濯機が購入の決め手となったのは、以前より安くなっていたのは勿論のこと

  • 泡洗浄と叩き洗いで、服が傷まないのに汚れ落ちが良い
  • 3つの洗剤自動投入がある。(洗剤2種類+柔軟剤)
  • 乾燥時間が以前より断然早くなっている。

この3つのメリット

そうして注目すべきは「洗剤自動投入」という機能!!

「これって洗濯機周りに洗剤を置かなくて良いって事!?」

洗剤置き場のみならず、以前から洗剤の詰め替えをわずらわしく思っていた私は「この機能、絶対欲しい!」そう思いました。

この3つのメリットが響いて即決できたのは、失敗した「過去の経験」からです。

私の「過去の経験」を飛ばしたい方は、コチラのリンクからどうぞ👇

少々高くても服の傷まない洗濯機が結局はお得!?

失敗した過去「乾燥機能が無い!?」

わが家が戸建てに引っ越してきて15年近く働いてくれた洗濯機が壊れたのが、5年ほど前。その時に慌てて、某有名TVショッピングサイトで買った洗濯機。

主人がTVを観ていて「スゴイ安い!これでいいじゃん!」と言って良く機能を確認せずに慌てて買ってしまった洗濯機。

しかし、届いた洗濯機に乾燥機能はありませんでした…。代わりにあったのはナゾの「風乾燥付き」。要は干す前にちょっと水を飛ばして乾きやすくするというもの。

「なんか中途半端・・・。」

以前乾燥機をそんなに使っていなかった理由

引っ越したてに購入した洗濯機は、勿論「全自動洗濯乾燥機」のタテ型。引っ越し前の初代洗濯機乾燥機は、上乗せタイプの乾燥機。

その2台は電気代も時間も凄くかかっていたし乾燥機使用を敬遠する理由:その①生地がゴワゴワになるので理由:その②、ほとんど乾燥機能は使ってませんでした。

常に使っていたわけでは無いけれど、それでもシーツが乾ききらない時などは乾燥機が大活躍してくれていたので、乾燥機能が無いのには大ショック!

失敗した過去「服がどんどんボロボロに!?」

しかもその洗濯機ときたら、ガラガラと服が絡んでいって回るせいか、服がどんどん服がダメになっていきました。

引っ越したてに購入した洗濯機はタテ型でしたが「叩き洗い」を採用していたので、服がクシャクシャになることは無かったのです。その2代目の洗濯機は服が絡んでしまうので、クビはノビノビ、服の生地はペラペラになりこれまたショック!

  • オシャレ着洗い以外も全てネットに入れて洗う。
  • 水流を弱め、洗濯時間を短めに設定。

こういった工夫で少しはましになりましたが、やっぱり何となく服が傷んでしまってました。

決意!「洗濯機はちゃんとしたものを買おう!」

安い洗濯機を使ってみて洗濯機の洗い機能の大切さを身に染みて感じました。

5年間は我慢して使いましたが、とうとう娘からもダメだしが・・・そして

「少々高くても服の傷まない洗濯機を買おう!」

ということで、パナソニックのドラム型洗濯機に落ち着いた訳です。

進化した洗濯機…パナソニックドラムLX129Aを購入の決め手は?

洗濯機購入にあたって譲れないポイントは3つありました。

  1. 洗剤自動投入が3つある
  2. 洗濯物を傷めずやさしく洗いあげる(たたき洗いなど)
  3. 大容量のもの

特に譲れなかったのが洗剤自動投入という新機能。「洗濯機、進化してる!」

他のメーカーにもこの3つのポイントをクリアしているものはありましたが、パナにした決め手は乾燥時間が早い点と価格の公平さ。

【パナドラムのおすすめポイント】

  1. 洗剤自動投入が3つある
  2. たたき洗いと泡洗浄で服は傷めず汚れは落とす
  3. 乾燥時間がパナソニックドラムは断然早い!(約98分)
  4. パナソニックはどの電気屋さんでも同価格

特にこだわったのが「洗剤自動投入が3つある」という点でした。

①洗剤自動投入が3つはゆずれない

しかしこの機能って本当に必要でしょうか?

いやいや、我が家には必須でした。洗濯機の左側面の壁には水栓が。背面側の壁には小窓が。スキマラックなどを脇に置くスペースもほぼ無いわが家は、元々洗剤置き場に困ってました。右よこの洗面所の台の上に、並べていたんですね・・・。

よってこの「洗剤自動投入機能」は私には必須でした。

この機能の良いところは2つ。

  • 洗剤置き場が要らなくなる(ストックは洗面代の引き出し)
  • いちいちボトルを詰め変えなくてよい


あの洗剤の詰め替えも、何気にわずらわしかったんですよね。

ゆずれない2つ目の点は、「洗濯物を傷めずに洗ってくれる」こと。

②たたき洗いと泡洗浄が服に良さそう

もうひとつのキメ手は「たたき洗い」。これ、2代前のたて型洗濯機がそうだったんですが、全然服が絡まずいたみませんでした。家でクリーニング用のオシャレ着を洗ってもいたみませんでした。(もちろん弱モード)

断然「たたき洗い」に惹かれました。なおかつ、「泡洗浄」ってすごく良さそうじゃないですか?洗顔も泡立ててやさしく洗うとすごくいいって言うし(笑)!!

③乾燥時間がパナソニックドラムは断然早い!

店員さんが言うには「昔よりもすごく乾燥時間が早くなって、特にパナソニックは早い!」とのこと。これも普段使いでは重要ですよね。

はやふわ乾燥は98分

調べると「おまかせコース」で「はやふわ乾燥:約98分」でした。

④パナソニックのドラム式洗濯機はどの電気屋さんで買っても同じ価格

もうひとつ購入の決め手となったのは、その価格設定。

電気屋さんが言うには、「パナのドラム式全自動洗濯機は、どこの電気店でも同じ金額で販売するようにメーカーで統一している」そう。

それならどこで購入してもこれ以上安くなる訳では無いのです。

あとは保証をちゃんとしてくれるところで買うのが良い、というわけ。

ということで、近所のヤマダ電気で安くなっていたエアコンと一緒に購入決定。

ただ、この「パナの洗剤自動投入付きドラム式洗濯乾燥機」は同じ12㎏の大型洗濯機が2種類あります。

  • NA-LX129A:タッチパネル式・ナノイー衛生ケア付き
  • NA-LX127A:液晶パネル式・自動乾燥付き(ナノイー無し)

つまり2つの違いは下の2点。

【LA129AとLA127Aの違い】

  • 操作方法:タッチ&スクロール式(スマホ風) OR 液晶パネル式(プッシュ操作
  • 付加機能:ナノイー機能(ナノイー衛生ケア・ナノイー槽洗浄)があるか無いか?

どちらにしようか悩んでいると、「タッチパネルの方はスマホ風に操作出来て、説明書を読まずに操作できますという店員さんのセリフでロックオン!結局スマホ風のタッチパネル操作のLA129Aに決めました。

パナドラム式洗濯乾燥機のタッチパネルは取扱説明書が出てくる

👆実際、こんな感じで必要な時に必要な操作を画面上で確認できます。

説明書いらんやがな・・・。

パナソニックドラム式洗濯機NA-LX129Aを使ってみたリアルな感想

パナソニックドラム式洗濯乾燥機を使ったリアルな感想

で、実際使ってみたところ、もう手放せなくなりそうです(笑)。

【買って良かったポイント5つ!】

  1. 洗剤自動投入はすごく便利!
  2. 乾燥時間がすごく早くなった
  3. 洗濯物がふわふわに仕上がる
  4. 電気代が気にならない
  5. 部屋がさほど暑くならない

と良かったポイント盛りだくさん。

洗剤自動投入はすごく便利

どうせ買うなら自動投入は2つでなく「おしゃれ着用洗剤」入れもある3つのもの。と思ってました。

「おしゃれ着って一日おきくらいに洗ってる気がする・・!!」3つにして正解でした。

乾燥時間がすごく早くなった

以前乾燥機を使用していたころよりも、断然乾燥時間が早くなったのです。(約98分)昔の乾燥機は何時間も電気でぐるぐる回って使うのためらってました。⇨すごく服も傷むので、回すのはシーツやタオル、パジャマ類くらいでした

洗濯物がふわふわに仕上がる

「ヒートポンプ方式」と言って、大気中の熱を再利用しています。よって以前ほど電気代がかからず、なおかつ高温すぎない風を当てて乾かすので、洗濯物がゴワゴワにならない。👈乾燥機を使わなくなる理由その②を解決!

電気代が気にならない

乾燥時の電気代は一回なんと24円!毎日使っても良さそうですね。👈乾燥機使用を敬遠する理由:その①を解決!

部屋がさほど暑くならない

以前使用の乾燥機は、乾燥中洗面所が熱くてムレムレでとても入れたもんじゃなかった(乾燥機使用を敬遠する理由:その③)んですが。このパナの乾燥機は全然洗面所が熱くならないんです。これ、結構重要。👈乾燥機使用を敬遠する理由その③を解決!

その他の意外なメリット

更に、こんなメリットもありました。

  • 操作箇所がタッチパネルになっているので、説明を読まなくても操作がわかる。
  • パネル画面が「あいさつ」をしたり、ねぎらってくれる。

これ、結構嬉しいです。(後ほどご紹介します^^)

パナドラムは「乾燥機をあまり使わなくなる理由」を帳消しに!

今までの経験で乾燥機をあまり使わなくなる理由として

  • 理由その1:電気代も時間も凄くかかる
  • 理由その2:生地がゴワゴワになる
  • 理由その3:洗面所がスゴク熱くムレムレになる

この3つがありました。しかしパナソニックのななめドラム式洗濯乾燥機はこれらの「乾燥機を使わなくなる3つの理由」を解決してしまったのです。

もう使わない理由が無くなりましたね。

パナソニックのドラム式洗濯機NA-LX129Aのメリットとデメリット

では、 メーカーでうたっている機能のメリットも見ていきましょう!

ドラム式洗濯乾燥機NA-LX129Aのメリット

  • トリプル自動投入:液体洗剤・柔軟剤・オシャレ着洗剤まで自動投入!
  • 泡洗浄:やさしく洗うのに、繊維の奥の汚れもすっきり落ちる!
  • はやふわ乾燥:大風量なのですごく早い!なんとシワも抑える!?
  • ナノイーXで衛生ケア:ナノイーXが服の臭いや花粉をしっかりとってくれる。(洗濯機能とは別に使用する)
  • お手入れ機能:ナノイーXが「槽クリーン」でお手入れをし、洗濯槽の乾燥までしてくれる!
  • どうやらスマホにもつなげるらしい(使ったことは無い)

泡洗浄

そう、この洗濯機ときたら、洗い方もやさしいのです。まず、ぐるぐる回らないので絡まない。叩き洗いともみ洗いで洗ってくれます。

しかも泡を作ってから洗濯槽内に噴射しての「泡洗浄」なので、繊維の中まで洗剤が届くからやさしいのに汚れは良く落ちる、という仕組みです。スゴイ技術ですね!

はやふわ乾燥

以前は電気代がかかるのと、長時間かかるのであまり使用してなかった乾燥が、とにかく早い!1回6kgで約98分。

しかも乾燥の電気代は一回24円という安さ!気軽に使えるんですね。カタログでは25円とありましたが、調べてみたところ24円でした。(2022年当時調べ)省エネコースだともっと安いです(時間は倍かかります)。

これなら毎日使っても問題無さそうです。すっかり洗濯干しの時間が浮きました。

※乾燥1回分の電気代

パナソニックのドラム型洗濯乾燥機NA-LX129AL(洗濯容量11kg乾燥容量6kg)の1回の洗濯〜乾燥時にかかる電気代は、標準乾燥モードで約24円(890Wh)、省エネ乾燥モードでは約17円(620Wh)です。
※【2022年最新版】電気代が安いのは!?最新洗濯乾燥機のメーカー別電気代と特徴まとめ

それにヒートポンプ方式を採用し、風邪を当てて乾かしていくので、乾燥した服がふわっとしています。高温で乾かしていた昔の乾燥機の様にゴワゴワにはなりません。つい使いたくなってしまいます。

※ヒートポンプ方式とは?

気体を圧縮すると温度が上がり、膨張させると温度が下がる性質を活用した技術です。

※引用;東京電力エナジーパートナーより

ヒートポンプ方式はエアコンや給湯器などでも採用されている、エコで環境にも優しい技術です!

かりてりあ

ナノイーXで衛生ケアと槽洗浄

ナノイーX衛生ケアは、外から帰ったコートなどの服に付いた臭いや、ウィルス・花粉などをナノイーで抑制することができる機能。このとき勿論洗濯槽は回しません。浴槽内に服を置いて、ドアを閉じてやるので簡単にできそうです。

個人的には「あまり必要ないな」と正直思っていましたが、何と洗濯後に洗濯槽を軽く乾かした上にナノイーで洗濯槽のお手入れを1時間してくれます。👈あまり期待してなかったですが、あの洗濯槽のカビとおさらばできる!?と思うと嬉しい機能かも。詳しくはコチラで解説

スマホで外から操作できる

これは正直使ってない・・・。乾燥時間も短くすぐにたためるので、個人的にはいつでもOKかな?と思います。洗濯音も静か。

ただし大量の洗濯物をそのまま乾燥機で乾かしてしまった時は、すぐにたたまないとさすがにシワになってました。(この時は乾燥容量を完全に超えてました(汗。)

※因みに乾燥容量は6㎏(洗濯容量の半分)です。

外からでもスタートボタンを押せる「スマホ操作機能」は、帰宅後すぐに洗濯物をたたみたい人には便利な機能。洗面所の音がお隣に聞こえやすい環境の方も、夜遅くの洗濯音は躊躇するところですね。

ただし前もってセッティングしておく必要があり、朝の忙しい時間に操作していく必要があるので、ちょっと面倒かも?

一応、流れをサクッと解説。

《スマホ操作する場合の朝のセッティング》

  1. 洗濯物を投入
  2. フタをして洗濯&乾燥モードをセット
  3. フタを閉めてスタートボタンを押す
  4. フタがロックされて準備完了

とその前に、この「スマホで洗濯」を利用するには初期設定が必要です。

~「スマホで洗濯」の初期設定の流れ~

  1. CLUB Panasonicの会員になる
  2. 「スマホで洗濯」アプリをインストールする
  3. アプリを起動し「CLUB Panasonic]にログインする
  4. アプリの画面に従って、My家電登録する

このようにスマホで操作できるようにするには、ちょっとひと手間必要です。しかしスマホアプリでその日の天気が確認出来るようなので、「基本外干し派」の方には嬉しい機能かもしれませんね!

私はスマホ機能は使ってません。実際は夜帰宅後に回しても、音は静かですし乾燥までが早いので。終了後にたたんでしまってから寝れますよ。

かりてりあ

ドラム式洗濯乾燥機NA-LX129Aのデメリット

しかしメリットばかりではありませんね。ではデメリットも見てみましょう。

  1. 価格が高い
  2. 奥行きが大きい(更に横に空くので開けっぱなしだと通りづらい)
  3. 高さも要注意!(水栓の蛇口にぶつかって洗剤投入のフタが空かない可能性がある)
  4. おしゃれ着は乾燥機には向かない
  5. 乾燥機を使うたびにフィルターの手入れをする必要がある

では順に見て行きましょう。

価格が高い

わが家はヤマダ電機で買いました。ノジマ電気と比べたのですが価格は電気店では共通で同じなので、同時購入予定だったエアコンが「より高機能なのに安くなっていた」ヤマダ電機で一緒に購入決定。(👉同時購入した「三菱エアコン霧ヶ峰」その使い心地はコチラの記事で。

¥318,780(税込):家電量販店共通価格(2022年7月現在)

※消費税込みで321,530円でした

※2階上げ料金:3,000円がプラスになってました!

本体価格289,800円+消費税=318,780円。

これに2階洗面所なので「2階上げ料金:3,000円」がプラスされていました。

289,800

 3,000

+消費税

—————

321,530円

なので価格は高いです。しかしこれはもう仕方ないです。

でも結論から言うと、便利さを思うと決して高くなかったと思ってます。

奥行きがかなり大きい

それに全体的にかなり大きい。特に奥行きが大きいです。

カタログを見ると、最大で722mmもありました。足の部分は奥行き514mmなので、普通の防水バンであればもちろん足の部分は乗ります。

奥行きがかなり大きいパナソニックドラム式洗濯乾燥機

因みにここでNA-LX129AとNA-LX127Aの大きさを確認しておきましょう。

※LX127ALはLX129ALと機能や操作方法が若干違いますが、同サイズになります。

【NA-LX129A・NA-LX127Aの寸法】

  • 高さ:本体1011mm・洗剤投入口フタ;272mm・全体(洗剤投入フタを開けた状態で);1,283mm
  • 幅:足部分;584mm・本体部分;最大639mm
  • 奥行き:足部分;514mm・本体部分;最大722mm⇦ココ!

以前の洗濯機は洗面台の奥行きと全面がそろっていましたが、この洗濯機は洗面台よりもかなり前に出てます

縦型洗濯機よりすべて大きいパナソニックドラム式洗濯乾燥機

洗濯終了後、乾燥させようと扉を開けていると「通れない!壊しそうだから開けないで!」と主人からクレームが・・。さらに「毎日乾燥機使って。壊すよりいいから」というお達しが!!

確かに乾燥の電気代一回たったの24円なら、毎日乾燥機掛けても良いかも?と思いました。

乾燥機を掛ければ、洗濯槽はいつも乾燥しているのでカビずに済むし、洗濯干しの時間が大幅に減ります

高さも要注意!

高さもかなりあります。横幅も以前のものよりあるので、マックス洗面台側に寄せたとしても、反対側の壁に付いている水栓にぶつかって、洗剤投入口のフタが空かない危険性がありました。

【NA-LX129A・NA-LX127Aの寸法】

  • 高さ:本体1011mm・洗剤投入口フタ;272mm・全体(洗剤投入フタを開けた状態で);1,283mm⇦ココ!
  • 幅:足部分;584mm・本体部分;最大639mm
  • 奥行き:足部分;514mm・本体部分;最大722mm

現在の戸建てへの入居時も、洗濯機のフタが干渉するため足を高くして位置を高くはしていたのですが、本体がかなり高いので心配でした。

高く変更していた水栓位置

※水栓の位置を高くはしていたが・・・。

水栓位置にぶつからずギリギリの洗剤投入フタ

※ギリギリ開きました!!(良かった…。)

フタを開けない状態だと高さは1mちょっとなのですが、フタを開けるといきなり1m28cm(ちょっと)に!!

この入るか入らないかについては、電気屋さんが事前に有効寸法を測りに来てくれました。

因みに壁から本体までの距離は55mmでしたが、フタまでの距離が95mmだったので水栓に当たらず何とかOKでした!!

横づけの水栓にぶつからない幅の詳細

搬入経路も全て測ってました。とくに2階へ洗濯機を運ぶ必要があったため、階段が廻り階段かどうかもかなり聞かれました。幸いL字階段でしたし有効寸法もOKでした。

パナソニックドラム式洗濯乾燥機NA-LX129Aの大きさ

上の寸法を参考にして、購入前に蛇口との距離をよく確認してくださいね。

おしゃれ着は乾燥機にかけられない

オスしゃれ着は乾燥機に掛けられないパナソニックドラム式洗濯乾燥機

もちろん乾燥機にかけられない素材があるので、前もってチェックしないといけません。

特におしゃれ着は怖いので、基本乾燥機にはかけずに部屋干しにしてます。

うっかりTシャツを乾燥機にかけてしまったら、こんな風になってしまいました。

ガラ物がダメなわけでは無いですが、上記のような熱で圧着させたようなパッチ的な柄は、若干ひきつってしまいました。

今までの高温乾燥タイプだったら、もっと溶けていたでしょう。パッチのようなガラ物は注意ですね!

洗濯後は「ナノイー槽クリーン」が毎回自動でカビを抑制!

乾燥機を続けて使用しないときは洗濯槽のカビが心配なので、代わりにナノイー槽クリーンをします。続けて乾燥コースにしていない場合は、洗濯終了後洗濯物を取り出してフタを閉めると「ナノイー槽クリーン」が自動で運転開始するのです。LX127Aにはナノイー無しの「自動槽乾燥」があります。)

ナノイーが洗濯槽を清潔にしてくれる※洗濯物を取り出しフタを閉めると「ナノイー槽クリーン」運転が開始されます

※乾燥無しで洗濯機を終了すると、「ナノイー槽クリーン」へ誘導する画面が

ナノイーが洗濯槽をキレイにしてくれる※洗濯物を取り出しフタを閉めると「ナノイー槽クリーン」運転が開始されます

※洗濯物を取り出しフタを閉めると「ナノイー槽クリーン」運転が開始されます

※ナノイークリーン(洗濯槽)とは?

洗濯が終わり電源を切らずにそのままフタを閉じると、すぐに洗濯槽内をヒートポンプ方式でナノイーXの風を出しながら乾燥してくれます。(ナノイーとは?;ナノレベルで菌やウィルスに直接アタックする、パナソニックの商標商品。)

「洗濯物を乾燥までする」か「ナノイー槽クリーンで乾かす」かどちらかをしていれば、洗濯槽はいつも乾燥して清潔に保てそうです。

「ナノイー槽クリーン」は衣類乾燥時に比べると乾燥時間は短いので、そこまでカラカラにはならない気がします。心配なので、終わった後は少しフタを開けっぱなしにしていると大丈夫そうでした。

これであのいやな洗濯槽のカビの臭いと、わずらわしい洗濯槽のお手入れともおさらば!です。

乾燥機はフィルターお手入れを毎回やる必要がある

フィルター掃除がカンタンなパナソニックドラム式洗濯乾燥機

ただ、乾燥機は使うたびにフィルターのホコリを捨てなければなりません。これ手間かな?と購入前は思っていましたが、洗濯機の上に付いていてサクッと外せるのでかなり楽でした

👆乾燥一回分のフィルターのホコリはこれくらい(洗濯物は目いっぱい入った状態

👆奥にもさらに小さなフィルターが

小さいフィルターなので毎回なのですが、毎回するとあまりフィルターって汚れないんですよね。

以前の乾燥機は、かなり溜まってからお手入れしてましたが。こちらは乾燥するたびにサクッと外して、ポンとゴミ箱に捨てるだけ。

 

うっかり忘れがちなわたしでも、タッチパネルに「フィルターが目詰まりしてます」と声かけられるので、忘れませんよ(笑)。

初めの設定と毎日の使い方は…

自動運転のため、初めだけ設定する必要があります。

取説を読まないと・・となるところですが、「細かい機能は要らないからとりあえず洗濯機を回したい!」という私のような人間のために(笑)、「かんたんガイド」なるものがあります。これ、すごーーく助かりました。

見開きのカラー説明がついてくるパナソニックドラム式洗濯乾燥機

初めの設定…

とりあえず、「洗剤自動投入」を使うために洗剤量を設定しなければなりません。洗剤量は洗剤の種類にもよりますので、洗剤の種類を選べば簡単です。

洗濯洗剤や柔軟剤の種類で設定できるパナソニックドラム式洗濯乾燥機

結構代表的な洗剤は載っていて、パネル画面にも表示されるので設定はタッチで選ぶだけ。普通の標準量でこれらを設定。

パネル画面で操作がしやすいパナソニックドラム式洗濯乾燥機

こんな風に使ってます…

通常の運転は「タッチ&スクロールでコース選択」👉「スタートボタンを押す」これだけ!

①初めの画面でコース選択

②通常の「おまかせコース」を選択か

③おしゃれ着の「おうちクリーニング」を選択

最後に「スタートボタン」を押して運転開始です。

柔軟剤が切れたので補充してみた

結構たくさん入ります。補充は1か月に一回くらいでしょうか?忘れたころにやってくる感じです。

嬉しい付加機能

タッチパネルはスマホの様にスクロール操作が出来るので、使い慣れているかな?とさほど期待せずに選びましたが、こんな嬉しい機能がついてました!👇

スイッチを入れると朝は「おはようございます」昼は「こんにちは」夜は「こんばんは」真夜中は「夜遅くまでお疲れ様です」とあいさつをしてくれます。カーナビのようですね!

さらに終了後すぐに洗濯物を取りに行きドアを開けると「すぐにとりに来てくれてありがとうございます」と表示され、ねぎらってくれます(笑)。

家事って結構孤独な作業ですけど、ねぎらってもらえると何だか嬉しいものです。

かりてりあ

【ななめドラム式NA-LX129Lナノイー衛星ケア付きはネット購入できます

※PANASONIC NA-LX129AR マットホワイト [ななめ型ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯12.0kg/乾燥6.0kg) 右開き] 新生活 楽天なら5年保証オプション有!


※PANASONIC NA-LX129AL マットホワイト  [ななめ型ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯12.0kg /乾燥6.0kg )左開き] 新生活 (後継品、および中古品もあり)

※amazonリンクがうまく表示されない方はコチラからどうぞ👇(在庫切れの際はご容赦ください)

NA-LX129AR右開きコチラから
NA-LX129AL左開きコチラから

NA-LX129AとNA-LX127Aの違いとは?

では、同じ大きさのNA-LX129ANA-LX127Aの違いについて詳しく解説していきます。

まずは機能面の違いを見てみましょう。

機能面の違い

NA-LX129ANA-LX127Aの機能面の違いは「ナノイー衛星ケア」が付いているか付いていないか?の違いです。他の機能は全て同じでした。

ナノイー衛星ケアとは、衣類を洗濯せずにケアできる機能。コートなど洗濯できないものも、花粉の抑制・除菌・ウィルスの抑制が出来て便利です。

消臭もできるので、良く臭いを抜くために「日干し」をすることがありましたが、それを洗濯機で完了出来るイメージですね!

「日干し」の場合は花粉を拾ってしまいますが、「ナノイー衛星ケア」なら花粉を付ずに消臭ケアできる点は、花粉症で困っている方にとってうれしい機能では無いでしょうか。

《ナノイー衛星ケアで出来ること》

花粉の抑制・除菌・ウィルスの抑制・消臭

LX129Aの方はナノイーが付いているので「ナノイー槽クリーン」の機能付きですが、LX127Aにはそれは無いということですね。その代わりにLX127Aには「自動槽乾燥」が付いているので、洗濯槽内の湿気が気になる方は安心してくださいね!

LA127Aタイプはタッチパネルは無いので、ボタン操作になります。「あいさつ」ももちろんなしですよ!(笑)

かりてりあ

操作面の違い

操作面で言うと、LX129Aは「タッチパネル」LX127Aは「液晶画面+ボタン」です。

【LX129AとLX127Aの違い】

  • LX129A ナノイー衛生ケアあり・タッチパネル式
  • LX127A ナノイー衛生ケア無し・液晶画面+ボタンプッシュ式

LX129Aの操作面

※出典;パナソニックホームページより

LX127Aの操作面

※出典;パナソニックホームページより

LX127AとLX129Aは大きさも同じで機能的にも近いですが、操作方法が少し違いますね。

細かいスペックを知りたい方は下のリンクから確認できます👇

※LX127AはほぼLX129Aと機能は変わらず、価格は少しお安いです。「ナノイー機能は要らないからお値段を抑えたいわ。」という方にとってはLX127Aがお買い得ですよ。

【ななめドラム式NA-LX127L】もネット購入できます。楽天なら設置費無料!

【クーポン対象商品】PANASONIC NA-LX127ARマットホワイト [ななめ型ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯12.0kg/乾燥6.0kg) 右開き] 新生活

※【クーポン対象商品】PANASONIC NA-LX127AL マットホワイト [ななめ型ドラム式洗濯乾燥機 (洗濯12.0kg/乾燥6.0kg) 左開き] 新生活


※amazonリンク
がうまく表示されない方はコチラから👇(在庫切れの際はご容赦ください)
NA-LX127AR右開はコチラから
NA-LX127AL左開きはコチラから

新登場!【ななめドラム式NA-LX129B】は「シワとり・消臭コース付き

なんと新機能付きのドラム式洗濯機が出ました。増えた機能は「シワ取り」と「消臭」の機能

もともとヒートポンプ式はシワが付きにくい乾燥機能なので、私は気になりませんが。これから購入する方は4万ほどUPしますが、よりシワの付きにくい129Bタイプも検討に入れると良いでしょう!

※Panasonic ドラム式 右開き NA-LX129BR「シワ取り・消臭コース付き」右開き ★下取り価格でオトク!

Amazonで見てみる

最新機種はしわ取り機能がアップしている、ということね!

かりてりあ

搬入経路と設置の必要寸法は…

忙しくて家電量販店に行けない方、インターネットなどで注文する方のために、搬入経路と設置場所の必要寸法を載せておきますね!

搬入経路の必要寸法

搬入経路の必要寸法

設置場所の必要寸法:たて・よこ

設置場所の必要寸法:奥行き

※出典:パナソニックホームページより

◆参考資料:パナソニックのドラム式洗濯機の搭載機能一覧表

搭載機能表一覧 LX129A LX127A LX125A LX113A LG2600 VG760
自動槽洗浄
ナノイー」槽クリーン
自動槽乾燥
槽乾燥コース
約60℃槽カビクリーンコース
約30℃槽洗浄コース 約3時間 約3時間 約3時間 約3時間
槽洗浄コース 約11時間 約11時間 約6・11時間 約6・11時間 約11時間 約11時間
槽洗浄サイン
サッと槽すすぎコース

※「パナソニック洗濯機総合カタログ」より引用 *スマホで洗浄アプリ限定 
(スマホでよこにスクロールできます)

わが家は【NA-LX129AL(左開き)】を購入しました!

因みに末尾のアルファベットはフタ扉が開く方向です。ドラム式の洗濯機のフタは横開きのため左右で開き勝手を選べます

  • ALは「フタが左開き」
  • ARは「フタが右開き」

です。わが家は洗濯機の左が壁側で(お風呂側)右が洗面所側なのでALの「左開き」を選択しました。

結論!買ってよかったパナソニックドラム式洗濯乾燥機LX129A

結論は本当に買ってよかったです。

とにかく洗剤置き場が要らなくなったのが嬉しいです。そしていちいち洗剤を測って投入しなくて良い。ボトルへの詰め替えの手間も無くなり、いくつもの工程がラクになりました。

乾燥までしてしまえば、本当にあとは畳むだけ!タオルなどは洗濯機から出して、そのまま畳んで洗面所のタオル置き場へ。

◆以前、乾燥機をあまり使わなかった理由

  • その1:電気代が高くて時間がかかる
  • その2:ゴワゴワになる
  • その3:洗面所が熱くムレムレになる

これら3つがすべて解消されました。

乾燥機のフィルターも一回ごとなので、パット外してポンとゴミ箱へ落とすだけ。以前の乾燥機のすごいお掃除を思うと、とても簡単です。フィルターは上部に付いているのでかなり外しやすいです。

とにかくラクになりました。

少しばかりお高いですが、色々なストレスが無くなり服も大事に洗ってくれる洗濯機は、本当にオススメです。

家事が減った分、自由な時間が増えますよ!

かりてりあ

干す手間が無くなっても、脱いだ服は一旦洗濯カゴに放り込む場所が必要ですね。

洗濯機を新しくしたタイミングで洗濯カゴも見直しませんか?

コンパクトサイズから。あなたの洗面所にピッタリサイズがきっと見つかりますよ👇

※貯金が中々貯まらないのは、固定費を払いすぎているのかも?苦しい節約より、固定費を見直した方が手っ取り早いし長続きすると言われてます。一度診断してみませんか?無料相談受付中!

 

Audible会員は定額で 12万以上の対象作品が聴き放題

\本が何冊でも聞き放題!お散歩のお供に…/

◆WEBスタート限定キャンペーン中!J:comモバイルでスマホも電気もまとめておトクに! J:COM 電力