「今日から見つける理想の暮らし」おしゃれ家具・インテリア通販>>>

キッチン照明はどう選ぶ?キッチンレイアウトとの超重要な関係とは

最近増えているオープンキッチンですが、それに伴い「キッチン照明もオシャレにしたい」という要望が増えてます。

「ステキなペンダントや可愛いシャンデリアをキッチンに入れたらステキ!」と一目ぼれ・・・

「やっぱり電球色が雰囲気あってステキ!リビングも電球色なのでキッチンも電球色で決まりね!」

・・・でも、ちょっと待ってください!

後から

  • 「デザインだけで決めてしまって失敗!」
  • 「雰囲気で色を決めてしまって失敗!」

と後悔する前に、一度キッチン照明の選定ポイントをチェックしてみてくださいね!

主婦インテリアコーディネーターの”かりてりあ”です。

この記事では照明のショールームでの案内経験と、小さなハウスメーカーで戸建てのコーディネートを20棟委託された経験を元に「キッチン照明の選び方」を解説しています。

「キッチン照明」に迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

かりてりあ

キッチン照明といえど、オープンキッチンとなると他の空間とデザインや明かりの色もそろえてオシャレに決めたいところ。

でもその前に大事なチェックポイントがあるので紹介します。

東京ガス【基本プラン】

キッチン照明を設置する前のチェックポイント!

  1. キッチン空間に十分な明るさか?
  2. 立った時手元に影が出来ないか?
  3. 照明の種類は適切か?
  4. オープンキッチンなら他の空間と光の色が違和感ないか?

◆人気のデザイナーズ照明正規販売店3年保証付き:ルイスポールセンPH5を見てみる・・・


※電力会社のプランを無料比較して、電気代を安くしたい方はコチラへ。お見積りはWEBフォームから24時間受付!
>>>電気チョイス

では、一つずつ順番に見ていきましょう。

キッチン照明の明るさはどう決める?

チェック① キッチン空間に十分な明るさか?

キッチンに限らず照明の明るさの決め手は、空間に十分な明るさかを確保することですね。

特にキッチンは作業場所なので、十分な明るさを確保する必要があります。

目安は

MEMO
1畳あたり40W

といわれています。

最近はLEDが主流なので少しわかりにくいですが、「40W相当」などと説明が書いてあるので参考にしてみてくださいね。

消費電力はLEDの方が少ないので、電気代もずいぶんお安くなってますね!

キッチンに立つと手元がカゲになるなる位置はNG!

チェック② 立った時に手元に影が出来ないか?

キッチンの作業をするときに、カウンターに立ちますよね?

その時キッチンの全体照明には背を向けることになるので、手元がカゲになります

「大きな蛍光灯を付けたから明るいし大丈夫!」と思っても、手元がカゲになっては元も子もありませんね!

その手元を照らすために、「キッチン手元灯」なるものが存在します。

以前は「キッチン棚下灯」という小さな蛍光灯が、上吊戸棚のしたに入っていることが多かったですね。

オープンキッチンの普及で、今はダウンライト・スポットライト・ペンダントライトなどで手元を照らします。

手元に影が出来ない位置につけるよう、よく検討しましょう。

MEMO
キッチン手元灯は必ず設置しよう!➡ポイントは立った時カゲにならない位置につける

次にキッチン照明の種類は何を基準に選んだら良いのでしょうかあ?

キッチン照明選びは実用性とレイアウトが重要!

チェック③ 照明の種類は適切か?

キッチンって結構汚れるし、汚れてしまったときのお手入れは大変!

また、取り付け位置によっては影が出来たり、明るさが足りないと毎日の作業にストレスが。

デザインも大事ですが、デザインだけで選んでしまっては失敗のもとです。

更にオープンキッチンとクローズドでは、照明に求めるものが違いますよね。

もちろん、対面式キッチンと壁付けキッチンなどのレイアウトによっても当然適した照明器具は違ってきます。

独立型➡機能性重視

少ないですがまだまだ根強い人気の独立型キッチン。

完全にドアで仕切られずに、スペースだけ区切られた独立型もありますね。

こちらはリビングダイニングとデザインや明かりの色味を合わせる必要も無いのでそう難しくありません。

吊戸棚がある場合はその下に棚下灯を設置できます。

壁にスポットタイプのブラケット照明を付けてもおしゃれですね!

オープン➡オシャレ重視もあり!

主流となりつつある対面式キッチン。

実用性は勿論のこと、リビングダイニング側からの見栄えも気になるところ。

同じ空間なのにあかりの色やデザインがバラバラだと、残念な感じになってしまいますよね。

対面式キッチンの場合は、実用性に加えて「光の色味や照明のデザインも合わせる」ことも重要ですね!

MEMO

【キッチン照明選びはレイアウトによって違う!】

クローズドキッチン➡機能性重視

オープンキッチン➡オシャレ重視もあり!?

で、いいでしょう。

もちろん、クローズドの場合もおしゃれなキッチン照明にしていただいても。

いずれの場合も、オシャレでもお掃除がしやすいシンプルなデザインのものを選んだ方があとあとラクですね。

※キッチン照明とレイアウトとの関係についての詳しくは、コチラの記事で解説しています。

キッチンの照明器具のアイキャッチキッチン照明オススメは?オシャレにしたい人は必見!レイアウト別に分けてみた

※キッチンの間取りやレイアウトについてはコチラの記事で詳しく解説しています。

kキッチンレイアウトのアイキャッチキッチンの間取り・レイアウトを徹底解説!あなたに合ったキッチンはどれ!?それぞれのメリットデメリットを知ろう!

※「電気チョイス」で電力会社のプランを無料比較して、電気代を安くしたい方はコチラへ。お見積りはWEBフォームから24時間受付!
>>>電気チョイス

キッチン照明の色はどう選んだら良い?

※コイズミ照明カタログより

チェック④ オープンキッチンなら他の空間と光の色が違和感ないか?

明かりの色についも、オープンキッチンかどうかが重要になってきます。

独立式キッチンの場合は、そこまで神経質になる必要はありません。

ただしオープンキッチンの場合、リビングダイニングとデザインや明かりの色を合わせる必要が出てきますね!

明かりの色には、大きく分けて

  • 電球色
  • 昼白色
  • 昼光色

の3つの色があります。

最近はパンソニックから出ている、電球色と昼白色の中間のいろ「温白色」も人気ですね!

キッチンにオススメの色は昼白色と温白色

昼光色はかなり明るく青白いので、好き嫌いがあるかもしれません。

  • 昼光色は家庭でも使いやすい自然な白い色です。
  • 電球色は、以前の白熱灯に近い黄色みを帯びた光です。
  • 温白色は昼白色と電球色の中間の色で、どちらの色とも組み合わせやすくて便利です。

キッチンにオススメの色は、昼白色と温白色です。

オープンキッチンはリビングダイニングと色味をそろえよう

リビングダイニングと隣接するオープンキッチンの場合は、明かりの色味をそろえましょう。

違う色をごちゃごちゃと混ぜてしまうと、何となく落ち着かない空間になってしまうからです。

ただ、キッチンの全体照明をリビングダイニングに合わせて電球色にした場合、手元灯も電球色にしてしまうとちょっと暗く感じるかもしれません。

電球色は白い光に比べると、同じ明るさでも暗く感じてしまうからです。

その際は手元灯を昼白色または温白色にして手元を照らすと、明るくて作業がしやすいです。

その時のダウンライトは「集光タイプを選ぶ」と、周りに明かりが広がらずにいいですよ!

MEMO

独立式キッチン➡全体:(電球色・温白色・昼白色)+手元灯;(昼白色・温白色!

オープンキッチンならデザインと明かりの色をそろえよう。

※手元灯は昼白色か温白色がオススメ

※キッチンの明かりの色選びについては、コチラの記事で詳しく解説してます。

キッチン照明は電球色・昼白色、どっちが正解?電球色だと後悔するの!?

◆人気のデザイナーズ照明正規販売店3年保証付き:ルイスポールセンPH5を見てみる・・・


オープンキッチンならデザイン重視もあり

対面式なら、ペンダントなどデザイン重視の照明もぜひ選択肢に入れて検討してみてくさい。

ただし、汚れる場所であることには変わりないので、掃除のしやすい照明を選んで下さいね!

キッチンは毎日の作業場所であることを肝に銘じよう!

まとめます!

キッチン照明は毎日料理をする場所なので、実用性を考えて選ぼう!

特に「手元の明るさとお手入れしやすさは超重要!」です。

キッチン照明チェックポイント

  1. キッチン空間に十分な明るさか?
    👉400lm(ルーメン)×畳数を目安に ※少し暗くても手元灯で補える
  2. 立った時手元に影ができないか?
    👉手元の光は棚下灯やダウンライトで必ず確保!
  3. 照明の種類は適切か?
    👉レイアウトによって種類を選ぼう!

  4. 他の空間と光の色が違和感ないか?
    👉温白色や調色機能を取り入れよう!
  5. ペンダントはあり?
    👉対面
    キッチンカウンターならペンダントはおしゃれ!

その他に気づいたポイントとしては

  • キッチンはお手入れのしやすさも大事!
  • オープンキッチンならリビング・ダイニングの照明とデザインや色味を合わせると良い。
  • 一番のオススメはダウンライト
    ➡お手入れも楽でオープンキッチンでもインテリアの邪魔せずスッキリ!

以上をチェックポイントとして、キッチン照明を検討してみてください。

あなたがすこしでも快適なキッチン生活のお役に立てれば幸いです。

◆人気のデザイナーズ照明正規販売店3年保証付き:ルイスポールセンPH5を見てみる・・・


※「電気チョイス」で電力会社のプランを無料比較して、電気代を安くしたい方はコチラへ。お見積りはWEBフォームから24時間受付!
>>>電気チョイス

※貯金が中々貯まらないのは、固定費を払いすぎているのかも?苦しい節約より、固定費を見直した方が手っ取り早いし長続きすると言われてます。一度診断してみませんか?無料相談受付中!

\無料リフォームプランと見積もりが手に入る!/