※当サイトはプロモーションを含みます。

【対面式キッチンの種類】豊富過ぎて迷ってしまう!?オープンキッチンスタイルと壁付けとの違い

Ⅱ型キッチンペニンシュラ対面式

かに本舗

オープン(対面式)キッチンと言えば、今や主流のキッチンレイアウトです。

家族とのコミュニケーションがとりやすかったり、リビングにいるお子さんを見守りやすかったり。

「オープン(対面式)キッチンってどんな種類があるのかしら?価格はどれが安くてどれが高いの?」

と疑問の方のために、オープン(対面式)キッチンの様々な作り方を、徹底解説します。

主婦インテリアコーディネーターのかりてりあです。この記事では対面式キッチンの様々なスタイルを、可能な限り紹介します。対面式キッチンを、最適なスタイルで選択したい方はぜひ参考にしてくださいね。


かりてりあ

東京ガス【基本プラン】

【対面式キッチン(オープンスタイル)】いろいろ

キッチンの間取りには、大きく分けるとオープンキッチン(対面式)とクローズド(独立型)キッチンの2種類があります。

※クローズドキッチンの体験レビューの詳しくはコチラの記事で。

人気のスタイルは、オープンキッチン(対面式)ですね。オープンキッチンには、昔ながらのDK(ダイニングキッチン)と近年人気の対面式とあります。

その違いを解説します。

I型ダイニングキッチン(オープン)

※壁付けI型のダイニングキッチン(オープン)

ダイニングキッチンは、壁付けのI型や型のキッチンが設置された、ダイニングスペースとキッチンスペースが同じ空間にあるキッチンスタイルです。

ダイニングキッチンは、家族で一緒に作業をしたり、料理をテーブルに運んだりがラクなスタイルで、ダイニングテーブルが作業台に使えるというメリットもあります。

そんなメリットのあるダイニングキッチンですが、反面、ダイニングスペースからキッチンが丸見えになってしまうデメリットもあります。

また、家族に背を向けているため孤独感を感じやすいという点もデメリットです。

しかし、狭小住宅や、1LDK・2LDKなど、スペースが限られた住宅では、採用されやすい省スペースなキッチンスタイルです。

 

とはいえ、昨今マンションなどでも多く採用されているのは対面式のキッチン

では対面式キッチンのいろいろなスタイルを順にご紹介します。

Ⅰ型壁付け対面式キッチン

※壁付けI型の対面式(オープン)

taimen-kitchin

※壁付けI型の対面式(セミクローズド)

対面式のI型キッチンはペニンシュラと呼ばれ、今や主流の対面式キッチンです。コンロ前に壁があるのでわかるように、壁付けのキッチンの壁をくりぬいて対面式にしたスタイルです。

上の写真のキッチンは、壁を腰壁に仕上げることで、開放感ある対面式キッチンに仕上げています。

DK(ダイニングキッチン)スタイルに比べると、家族に背中を向けずに済むので対話も出来て、リビングの様子がわかります。お子さんが小さい方などには良いスタイルですね。

対面式にもいろいろありますが、壁付けのキッチンが一番予算が抑えられます。

L型にも壁付けと対面式とあります。詳しく解説しますね。

L型壁付け対面式キッチン

※L型オープンキッチン

※壁付けL型ダイニングキッチン

L型のキッチンの場合は、壁付けのL型のダイニングキッチンと、対面式L型キッチン、があります。

I型の対面式と同じように腰壁にキッチンを設置して対面式とするスタイルで、コンロ側には前に壁が設置されいます。

壁付けの対面式キッチンは、壁の無い対面式キッチンよりも予算が抑えられます。

MEMO

壁付けの対面式キッチンは、壁の無い対面式キッチンよりも予算が抑えらる

L型フラット対面式キッチン

※L型フラット対面キッチン

L型キッチンでも、対面側をフラットにしたスタイルです。対面側に壁は一切なく、キッチン天板がフラットになったスッキリしたスタイルです。

より開放感がありますね。

対面側に壁の立ち上がりが無いため、スッキリとテーブルの様にキッチンカウンターを拭いてお手入れ出来ます。

ただし、カウンター前に腰壁がたちがってないため、シンクの水ハネが気になる方もいらっしゃいます。

また、L型キッチンは、シンクとコンロの距離が近く設置することが出来るため、使いやすいスタイルです。一本では、コーナー部分が一か所出来るため、収納の工夫が必要になります。

次にU型(コの字型)キッチンです。

U型(コの字型)対面式キッチン

※コの字型対面キッチン

U型(コの字型)多面式キッチンは、2方向が壁付けとなっており、1方向だけが対面式となったキッチンです。

コーナー部分も2か所になるので、コーナー収納の工夫が必要になります

スペースがある程度必要になりますが、逆に間口は取れないけれど奥行きは取れる場合に採用することも出来ます。(これについては後述します)

※キッチン水栓は浄水機能を付けるべき?悩むあなたにはコチラの浄水機能付き水栓の記事がオススメ。




キッチン水栓オススメ!「浄水器一体型水栓」の使い心地は?ビルトイン浄水器のデメリットって⁉

Ⅱ列(セパレート)型対面式キッチン

※セパレートキッチン(コンロとシンクは分断)

キッチンのシンクとコンロを2つのカウンターに分断したキッチンのことをⅡ型キッチンと呼びます。

キッチンカウンターが2列に並んでいても、コンロとシンクが一方にしかないキッチンは、Ⅱ型キッチンとは呼びません。

Ⅱ型も壁付け(クローズドキッチン)と対面式(オープン)とあり、対面側はアイランドキッチンかペニンシュラキッチンとなります

Ⅱ型キッチンのアイランドタイプは、両サイドからキッチンへ入れるため、複数での作業が容易に出来ます

Ⅱ型はシンクとコンロが離れているので切った野菜をコンロへ運ぶときに、水が通路に垂れてしまいそこがデメリット!ボウルに入れたりなどの工夫が必要になります。

かりてりあ

Ⅱ型キッチンは2列になるため、一見広いスペースを必要とします。

しかしシンクとコンロを2つのキッチンカウンターに分けて配置できるため、間口は狭いけれど奥行きは取れる。そんなキッチンにも実は向いています。

シンクとコンロをそれぞれ1つずつ、幅の狭いカウンターへ入れることが可能だからです。

これについては次の項目で紹介します。

L・U・Ⅱ型は間口の狭いキッチンにオススメの対面キッチン

キッチンは細長い空間と思い込んでますが、「奥行きは取れるけれども間口はさほど幅広く取れない」場合もありますね。

そんな時はL・U・Ⅱ型のキッチン」を設置することで上手く有効にスペースを利用することが可能です。

狭いスペースに設置する「L・U・Ⅱ型のキッチン」は実はとても作業効率の良いキッチンになります。

その秘密はワークトライアングル」にあります。

ワークトライアングルとは?

worck-traiangle

※資料作成;かりてりあ

シンク・コンロ・冷蔵庫の距離をワークトライアングルと呼びます。

ワークトライアングル:シンク・コンロ・冷蔵庫を結ぶ三角形のこと

 

実は「L型・U型(コの字型)・Ⅱ型のキッチン」は、I型に比べてワークトライアングルが魂魄にすることが可能なスタイル。

よって作業効率が高くなります。

意外!?狭いキッチンに向いている【I・U・Ⅱ型】の対面式キッチン

このワークトライアングルは、出来るだけ小さいほうが作業効率が良いと言われています。

目安はシンク・コンロ・冷蔵庫を結ぶ3点の距離の合計が510cmくらい。

「間口は狭いけど奥行きは取れる」という場合に、向いているレイアウトと言えます。

もしもキッチンスペースが狭くてうまく間取りが取れない!というかたは、ぜひ検討してみてくださいね。

かりてりあ

まとめ:対面式キッチンはいろいろな型でできる

対面式キッチンの様々な型で出来るスタイルを紹介してみました。対面式キッチンと言えば

  • ペニンシュラキッチン
  • アイランドキッチン

の2種類が有名ですが、L型・U型・Ⅱ型の対面式キッチンも、ステキな対面式が出来ることがわかりましたね。

対面式キッチン色々
  • L型壁付け対面キッチン
  • L型フラット対面キッチン
  • U型壁付け対面キッチン
  • U型フラット対面キッチン
  • Ⅱ型アイランドキッチン
  • Ⅱ型ペニンシュラキッチン

これらのキッチンは、「奥行きはあるけれども間口の狭いスペース」にキッチンを設置したい時にも、有効に空間利用できました。

その際、壁付けのキッチンが価格を抑えて設置することが可能です。

【価格的にお得な壁付けの対面式キッチン】

  • I型壁付け対面キッチン
  • L型壁付け対面キッチン
  • U型壁付け対面キッチン
  • Ⅱ型壁付けアイランドキッチン
  • Ⅱ型壁付けペニンシュラキッチン
アイランドキッチンやペニンシュラについては、コチラの記事でご案内してます。

かりてりあ

かしこく無料相談サービスや無料見積もりサイトを利用しましょう

ご新築やリフォームでキッチンを考えるとき、住宅会社の資料を効率的に集めたり、優良会社が掃除までしてくれたりしたら、助かりますよね。

ご新築の場合は、資料請求を無料で手に入れる方法があったからです。

注文住宅を検討中の検討中の方へ

注文住宅を検討中なら、まずは住宅会社の資料を請求をしてみましょう。あなたに合った住宅会社がきっと見つかりますよ。>>>ライフルホームで資料請求してみる

初めての注文住宅って「お金の事、住宅会社のこと、断り方」などわからないことだらけ。そんなあなたへ>>>注文住宅初心者の方へ向けて無料相談受付中

まずは資料請求や相談窓口を利用してみましょう。プロのアドバイスを聞けば方向性が決まってきますよ。

かりてりあ

キッチンリフォームをご検討中の方へ

キッチンづくりはそのプランが最も大事。そこで無料でプラン提案をしてくれるリフォーム屋さんをご提案します。「価格の安さだけでは比べたくない。」そんなあなたに。>>>有名リフォームメーカーから無料見積もり+プランをもらう

プランも無料で提案してくれる見積もりサイトはとっても珍しいのです。ぜひ利用してくださいね!

かりてりあ

\無料リフォームプランと見積もりが手に入る!/