【インスタで話題!】ポストに届くお花の定期便bloomee

キッチン水栓【浄水器一体型水栓】の使い心地は?メリット・デメリットを完全公開!

浄水器一体型のキッチン水栓の使い心地をレビュー

~この記事にはプロモーションを含みます。~

悩む人

キッチン水栓に浄水器を付けたいのだけど。浄水器一体型水栓ってどうなかしら?デメリットがあったら知りたいわ。

私自身も「浄水機能なしのシャワー水栓」と「浄水機能付きシャワー水栓」と両方を使ってみた経験から、両方の使い心地を体験しました。結論から言うと、「浄水器一体型」にしてみて何かと便利と感じています。ただしデメリットあるので、正直にお話ししますね。

かりてりあ

主婦インテリアコーディネーターの”かりてりあ”です。この記事では、「浄水機能付きと浄水機能なし水栓」のそれぞれのメリット・デメリット」を徹底解明しました。どちらにしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さいね!

東京ガス【基本プラン】

そもそもキッチン水栓に浄水機能って必要?メリット・デメリットは?

※画像;「リクシルHP/一体型シングルレバー水栓」より

キッチン水栓で人気の浄水器一体型水栓。

水栓内にカートリッジを内蔵しているタイプで、カートリッジ交換も簡単。今やキッチン水栓の主流となっています。

しかし中には「そもそもキッチン水栓に浄水機能って必要?」という方も少なからずいらっしゃいます。その理由には

  • ペットボトルの水が安心
  • 浄水ポットを使用しているから要らない
  • マンション全体で浄水機能が付いている
  • ウォーターサーバーを常用している

と様々な生活スタイルの中、キッチン水栓に浄水機能が必要な場合とそうでない場合があるからです。

ではキッチンに浄水器付き水栓を設置するメリットを見てみましょう。

キッチン水栓に浄水機能が付いてるメリット

  • ペットボトルを買う必要が無い
  • 料理やお茶・コーヒーなどに気軽に使える
  • 洗米にも気兼ねなく使える

キッチン水栓に浄水機能がつくことで、ペットボトルを買わずにお水が飲めます。ゴミの処理も考えるとかなり楽になりますね。また普段から料理やお茶などを沸かす際に、気軽に使えるのは嬉しいところですね。

また、お米は新い始めが一番浸水すると言われてます。お米を洗うのにわざわざポットボトルの水や冷蔵庫の浄水ポットの水を使うのは面倒なので、水栓をひねれば出てくる浄水機能付き水栓は、とても便利ですね。

しかし浄水機能付きにするデメリットも実はあります。

キッチン水栓を浄水機能付きにするデメリット

  • カートリッジ交換をする必要がある
  • 交換を忘れると不衛生になる可能性がある
  • カートリッジ代がかかる

浄水機能を水栓につけるとなると、当然カートリッジを購入する費用がかかり、交換の必要性も出てきます。

また、うっかり交換を忘れてしまうと却って不衛生になってしまうので、注意が必要ですね。

そうは言っても普段から美味しくて身体に良いお水を常用できるのは、かなりのメリットと感じます。

かりてりあ

キッチン水栓の浄水器には4つのタイプがある

キッチンの水栓に浄水機能を付けるには、4つの方法があります。

  • 蛇口直結型
  • 据え置き型
  • 浄水器一体型(蛇口一体・蛇口内蔵型)
  • ビルトイン型(アンダーシンク型)

蛇口直結型

ホームセンターで手軽に変える蛇口一体型浄水器

蛇口取付型浄水器はストレート水栓だけ

ストレートタイプのシンプルな蛇口に取り付けるタイプ。シャワー水栓には取り付けられません。

比較的安価でホームセンターなどで気軽に手に入り、工事も不要なので賃貸住宅などでも良く利用されています。

据え置き型

据え置き型浄水器日本トリム公式ページ

蛇口の先や水栓の根元で分岐させて、水をろ過する据え置き型の浄水器です。

様々なメーカーから出ており、お値段もいろいろ。シンク上に設置するため、設置場所が必要になります。、アルカリイオン水や水素水などの付加機能タイプもあり、水にこだわるタイプの方にも人気です。

浄水器一体型(蛇口一体・蛇口内蔵型)

クリンスイの浄水器一体型水栓

水栓の蛇口の中にカートリッジを内蔵させてろ過するタイプ。

蛇口の中に入れるためカートリッジは小さくなり、年に3~4回の交換が必要になります。ろ過水量も少なめなので時間がかかる点も。

ビルトイン型(アンダーシンク型)

ビルトイン浄水器

ビルトイン型はシンク下で分岐工事をして、シンク下にカートリッジをセットするタイプ。

浄水の量は多く、たくさん浄水を使いたい方におすすめ。カートリッジの浄水性能もかなり良く、交換も年に一回と面倒がない。ただしシンク下でチューブの付け替えは必要。

 

というように、キッチン水栓に浄水機能を付ける方法は主に4つあります。

詳しくはコチラの記事で解説

浄水器ビルトインから一体型水栓まで 浄水器のおすすめはどのタイプ?蛇口直結型~ポット型~浄水器一体型まで

この記事では浄水器一体型水栓の評判や使い心地、メリット・デメリットについて紹介します。

浄水器一体型(内蔵型)水栓の使い心地や評判は?

切り替えがダイヤル式の浄水器一体型水栓

浄水器一体型水栓は、筆者がじっさいに使ってみたところ、とても使い勝手は良いです。

かりてりあ

多少蛇口が大きいとは感じ、シンク内を洗う時に洗いにくさを感じる時もありますが。洗米に気軽に使える点は嬉しいですね。

カートリッジ交換もラクラクです。年に数回交換する必要があるため、うっかり交換するのを忘れてしまうのが難点です。

「X」での口コミも観てみましょう。

蛇口内蔵型は、便利に使えて良さそうですね。しかしこんな口コミもありましたよ。

マメな交換が煩わしい方は、据え置き型やビルトインが使い勝手良さそうです。

浄水器一体型(内蔵型)水栓のメリット・デメリット

浄水器一体型キッチン水栓のメリット・デメリット

水栓自体に浄水カートリッジを内蔵できる、浄水器一体型(内蔵型)水栓。

水栓の交換だけで浄水モードにできるので、後付けでも気軽に利用できますね。ではその具体的なメリットやデメリットを見てみましょう。

浄水器一体型水栓のメリット

  • 水栓価格がビルトインと比べて低価格
  • カートリッジ交換がカンタン
  • 気軽に洗米にも使えて便利
  • ペットボトルを買わなくてよい
  • 置き場所を取らない
  • 水栓の交換工事だけで良い

一体型にするメリットはズバリ!カートリッジ交換が簡単なことです。そしてビルトイン浄水器よりも水栓の価格は抑え目なものが多く、お財布にも優しいですね。

水栓からシャワーで浄水を出せるので、野菜を洗ったり洗米にも気軽に使えて便利です。

ペットボトルを買ったり、捨てたりする手間も無く、据え置き型やウォーターサーバーの様に置き場所を取ることもありません。

ではデメリットもみてみましょう。

浄水器一体型水栓のデメリット

  • シャワーヘッドが大きく小回りが利かない
  • カートリッジ交換をうっかり忘れるとかえって不衛生になる
  • カートリッジ交換を年に数回する必要がある
  • お湯の浄水は使えない

浄水器一体型水栓の場合水栓自体にカートリッジを入れるので、蛇口のシャワー部分が結構大きいです。シャワーヘッドが大きいと、シンク内のお掃除の際に少々動かしづらいというデメリットがあります。

正直わたしは浄水機能無しのシャワー栓から浄水器一体型に交換した際に、シャワーが大きくなって使いにくいと感じました。

かりてりあ

また、ビルトインなどに比べるとカートリッジが小さいため、年に数回(4人家族で3・4カ月に一回)のカートリッジ交換が必要になります。うっかり忘れてしまうと却って不衛生になり、元もの子も無いことに。

「定期サービス」に申し込むと、カートリッジを定期的に届けてくれるメーカーもあるので、上手く利用すると良いでしょう。

交換時期を表示できるタイプもあるので、上手に選択してみてくださいね!

また、カートリッジを傷めるためお湯を浄水にすることは出来ません。赤ちゃんのミルクなどにすぐに使いたいかたは、ウォーターサーバーの方が便利と感じるかもしれません。

ウォーターサーバーのおすすめはコチラの記事で紹介

キッチン水栓浄水器一体型(内蔵型)がおすすめな人とは?

浄水器一体型水栓がおすすめな人

コーディネーター目線も加えて「浄水器一体型水栓がオススメな人」をご提案します!

かりてりあ

【浄水器一体型水栓】オススメな人
  1. 購入費用を低価格に抑えたい人
  2. カートリッジ交換がラクな方が良い人
  3. 一本の水栓で水道水・浄水・お湯・水を使用できるのが便利と思う人
  4. 3~4か月に一回のカートリッジ交換が苦じゃない人
  5. 洗米や野菜洗いにも浄水を使いたい人

浄水機能無しのシャワー水栓と、一体型(内蔵型)水栓の両方を使ってみた筆者の体験も踏まえて、こんな方に浄水器一体型(内蔵型)水栓をおすすめします。

◆手前のボタンで切り替え可能なのでストレスフル!デザインもスッキリで使いやすい。

※画像;「リクシルHP/浄水器一体型水栓」より

クルッとシャワーヘッド部分を回し外すと、カートリッジを取り出して交換ができるのでカンタンです。交換時期をセットできるタイプを選べば、交換忘れも無いですね。

⇩  ⇩  ⇩

※画像;「リクシルHP/浄水器一体型水栓」より

これなら交換時期もわかりやすいですね。

◆交換時期がわかりやすくシャワー部分が大きいので、洗い物がしやすい!

カートリッジも気軽にネットで頼めるので便利ですね。

◆一体型水栓交換用カートリッジ

カートリッジ価格は浄水性能によってもお値段が違うので、除去物質の数などで好みのものを選べますよ。

かりてりあ

※除去物質が多いほど高くなります。

関連記事我が家でクリンスイの浄水器一体型水栓に交換してみた体験談はコチラの記事で紹介しています。

クリンスイ浄水器一体型水栓へ交換してみた 【浄水機能は必要?】クリンスイの浄水器一体型水栓へ交換してみた結果…体験談レビュー!

※リショップナビ無料見積もり一括サイトなら、無料見積もり×5社

補助金活用でお得にリフォーム!まずはお見積もりから♪

水栓に悩む人

浄水機能は助かるけど、あのシャワーが大きいのが気になるのよね…。

そんな方にはスッキリスタイルの「ビルトイン浄水器」がオススメ!ボトルタイプのカートリッジがシンク下にセットされるので、水栓の形はすっきり。シャワーヘッドが小さくシンク内のお掃除もラクラクです。

[/say]

まとめ:カートリッジ交換がラクでコスパ良い浄水器一体型水栓

初期費用を抑えたい方は、ビルトインや据え置きタイプの様に分岐工事のいらない、浄水器一体型がおすすめ。

カートリッジ交換も蛇口をクルクルと回して入れるだけなのでラクですね。

浄水器一体型水栓のメリット

ビルトインやウォーターサーバーなどに比べて安価

カートリッジ交換は蛇口を回して中に入れるだけとカンタン!

水栓の交換だけでわずらわしい工事が要らない

お米や野菜を洗う時も浄水モードのシャワーで使える

と、浄水器一体型水栓のメリットはたくさんありましたね。

◆クリナップ浄水器一体型型水栓

◆永大浄水器一体型水栓

しかしデメリットももちろんあります。

浄水器一体型水栓のデメリット
  1. 年に数回交換する必要がある
  2. 交換を忘れると却って不衛生になる
  3. 蛇口が大きくてシンク内を洗いにくい
  4. お湯での浄水は使えない

こんなデメリットもあるので、カートリッジ交換を年に一回で済ませたい方や、蛇口が大きくなるのが嫌な方、お湯ですぐに浄水を使い方には向かないかもしれません。

わが家もこの浄水器一体型水栓に変えて良かった点は、やはり「洗米にすぐに使えるところ」「常温で飲み水が飲める」ところ。

それまでは、飲み水をブリタのポットを冷蔵庫から出して飲んでいたので冷たかったんですよね。

なんだかんだ主人は冷たい水が好きなのでブリタの浄水ポットも使い続けてますが・・・。

かりてりあ

関連記事我が家で浄水器一体型水栓を選んだ時の選定ポイントはコチラの記事で紹介しています。

クリンスイ浄水器一体型水栓へ交換してみた 【浄水機能は必要?】クリンスイの浄水器一体型水栓へ交換してみた結果…体験談レビュー!

正直コーヒーやスープにもじゃんじゃん浄水を使えるのは助かります。カンタン設置できる点も嬉しいですね。

かりてりあ

【キッチンリフォームを検討中の方へ】

まずはリフォーム会社数社から「あい見積もり」を取りましょう。リショップナビ無料見積もり一括サイトなら、見積もり×5社がすぐ手に入りますよ。

補助金活用でお得にリフォーム!まずはお見積もりから♪

水栓はシンプルなシャワー付きの浄水機能無し水栓にして、飲み水はウォーターサバ―で。という方法もありですよ。ウォーターサーバーは、朝の忙しい時間にお湯を沸かさずにすぐにコーヒーが飲めてとても便利でした。

かりてりあ

特に水道直結型のウォーターサーバーはペットボトル水を買う必要が無いので基本使い放題。水のペットボトル置き場に困った経験があるので、置き場所を確保しなくてよい水道直結型はスペースを取らずに使いやすいですね。

>>>【サーバーレンタル料無料】プレミアムウォーター

※水道直結型のウォーターサーバーの詳しくはコチラの記事へ。

◆WEBスタート限定キャンペーン中!J:comモバイルでスマホも電気もまとめておトクに! J:COM 電力
Audible会員は定額で 12万以上の対象作品が聴き放題

\本が何冊でも聞き放題!お散歩のお供に…/